So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


北朝鮮 ブログトップ

北朝鮮 ミサイル発射。失敗し墜落 [北朝鮮]

Sponsored link
プーマオンラインストア

北朝鮮 ミサイル発射。失敗し墜落

とうとう北朝鮮がミサイルを発射した。

13日午前7時39分、北朝鮮北西部の
平安北道(ピョンアンプット)の東倉里(トンチャンリ)、
「西岸衛星発射場」から「人工衛星」打ち上げと称する
長距離弾道ミサイルと見られるロケットが発射されたが、
失敗したと見られる。

韓国国防省によると、ミサイルは発射数分後に
空中分解して海上に墜落した。

墜落の原因は、第1段ロケット切り離し後に空中分解したとみられる。

藤村修官房長官は13日午前8時過ぎ、首相官邸で記者会見。
「7時40分ごろ、北朝鮮から何らかの飛翔体が発射された
 という情報が入ってきた。1分以上飛翔し、洋上に落下した模様。
 落下物等による我が国への影響はいっさいない」と語った。

 米軍の早期警戒衛星(SEW)がキャッチした情報では、
 7時40分ごろに北朝鮮の西岸から南にミサイルが発射された。
 ミサイルは約120キロ上空まで上昇した後、
 4つにわかれて朝鮮半島の西側、黄海付近に落下したという。
 ミサイルが分解したのは第1段ロケットのブースターを
 切り離した直後と見られる。

昨日、米国で行われていたG8外相会議で
「発射中止」の決議を終えた直後の
北朝鮮のミサイル発射となった。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

北朝鮮に発射中止 G8 [北朝鮮]

Sponsored link
プーマオンラインストア

北朝鮮に発射中止 G8。

G8外相会合(米ワシントン)閉幕で、北朝鮮に発射中止要求。
※G8=日本、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア、米国、カナダ

各国外相は北朝鮮のミサイル発射が
国連安保理決議に違反するとの認識で一致した。

12日午前(日本時間13日未明)、
主要8カ国(G8)外相会合は2日間の討議を終え、閉幕。

クリントン米国務長官は議長声明を発表。
「人工衛星打ち上げ」名目で
長距離弾道ミサイルの発射決行態勢に入った北朝鮮に対し、
発射中止を要求する見通しだ。

G8として、ミサイル発射自制を呼び掛けることで、
北朝鮮への圧力を強めるための判断とみられる。

国連安全保障理事会のメンバー国
(米国、イギリス、フランス、ロシア)を含むG8が共同歩調を取ることで、
北朝鮮が発射を強行した際の安保理協議にも影響を与える狙いだ。

クリントン米長官と玄葉光一郎外相は外相会合初日、
北朝鮮情勢の討議を主導した。

G8としての対応を呼び掛けた結果、
各国外相は北朝鮮のミサイル発射が国連安保理決議に違反する
との認識で一致し中止を強く求め、
発射強行の際には連携して対応することで合意した。

一方、北朝鮮の動向だが、
北朝鮮は、12-16日の間に発射予告をしたロケット(長距離ミサイル)に
燃料を注入していると11日、明らかにした。
chosun.jpg

ロイター通信によると、
朝鮮宇宙空間技術委員会の衛星管制総合指揮所の
ペク・チャンホ所長はこの日、訪朝中の外国記者らに対し、
「われわれが述べたように(ロケットに)燃料を注入している」
 正確な発射時期は上部が決める」
と明らかにした。

気象状況から、北朝鮮のロケット発射は12日とも、
14日とも言われている。
周辺国は対策を準備して注視している状況だ。

今月中旬に日本訪問を予定していた
中国共産党中央軍事委員会の郭伯雄副主席は急きょ、
日程を夏に延期した。
日本・フィリピンなどの主要航空会社は
破片による被害を懸念して航路を変更した。

日本は首相官邸の危機管理センターに対策室を設置。
藤村修官房長官は11日の記者会見で、
北朝鮮が衛星と主張する長距離ミサイルの発射に備えて、
午後から首相官邸の危機管理センターに対策室を設置すると発表した。

日本はすでに北朝鮮のミサイル軌道領域である
東シナ海と日本海側に海上配置型迎撃ミサイルSM3搭載の
イージス艦3隻を配置した。
これは、中国に対する米国の牽制とみられる。

また沖縄と周辺4島、
東京をはじめとする首都圏3カ所など計7カ所に
地対空誘導弾のパトリオットミサイル(PAC3)を配置した。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
北朝鮮 ブログトップ




おすすめFX業者