So-net無料ブログ作成
検索選択


本当に育毛できる育毛剤なんてあるのでしょうか? [育毛剤]




スポンサードリンク








近代有史以来、ありとあらゆる育毛剤が開発され、
この世に出ては、多くの薄毛に悩む男たちの希望を駆り立てて来ました。

新機能を謳う育毛剤が発売される度に、飛びつき、試し
世界中の男たちが何度も裏切られては、また試してきた長い歴史があります。

男は何歳になっても、女性にモテたいと思うもの。
できれば禿げたくない...切実な想いです。

bald.jpg

その長い歴史も終わりを告げるように、この10数年前あたりから、
本当に育毛してくれる育毛剤が世に出るようになりました。

何百万人、いえ、何千万人を超える男たちが試した
膨大な様々な育毛剤の結果は、その数だけ臨床実験の実例と言えます。

現代その実績が認められている育毛成分と育毛剤をいくつかご紹介しましょう。

【育毛成分】


ミノキシジル、フィナステリド
この2つはかなり決定的な育毛作用があります。

育毛作用レベルは落ちますが、
ノコギリヤシ、ヒオウギエキスがあります。

以上の育毛成分は、長年の臨床結果がでてますが、
それ以外の、例えば商品名「M1ミスト」で知られる
育毛剤の主成分「加水分解酵母エキス」の育毛実績は、
それほど顕著な数と結果は出ていないのが現実だと言うことを
知っておいたほうがいいです。
とても売れてるスカルプDの特長は育毛と言うより、
髪を太くすることに特化した機能です。

その他の育毛剤も同様と知っておきましょう。

【育毛剤】


それでは、ミノキシジル、フィナステリドを主成分とする育毛剤のご紹介。

●ミノキシジル
ミノキシジルを成分とする育毛剤は、リアップだけです。
もうひとつ人気の育毛剤 ブブカはミノキシジルではありませんが、
同等の効果を持つとされる「M-034」が主成分です。
ミノキシジルとM-034との決定的な違いは、
M-034には副作用がないこと。

ミノキシジルには強い育毛作用効果がありますが、
副作用があるため服用には注意が必要です。

●フィナステリド
フィナステリドは次の商品名で販売されてます。

①プロペシア(錠剤)
AGA治療を扱う医院・病院で処方してくれますが、
価格は保険が効かないため高いです。
1ヶ月分(28錠)の処方で、約6,000円前後以上。

②フィンペシア(錠剤)
日本国内の医院・病院ではほとんど扱ってないので、
並行輸入の扱いになります。
成分はプロペシアと同様で、ジェネリック薬として開発されました。
価格はグッと安くなり、プロペシアの半額以下 2,500円未満です。
















共通テーマ:健康




おすすめFX業者