So-net無料ブログ作成
検索選択


落寸号令雷 意味 ブログトップ

落寸号令雷 意味=原爆投下 8月6日バズーカ [落寸号令雷 意味]




スポンサードリンク








落寸号令雷 意味について。

落寸号令雷 Wikipediaで調べても出てこなかったので、
勝手にこちらで解説を試みた。

ラッスン3.jpg
昨年末から今年にかけて、数十年来に一度の大ブレイク中ユニット
8.6秒バズーカのラッスンゴレライの意味について、
ある匿名者がTwitterでリークした。
(リーク後、すぐにこの人のアカウントは削除された)

まず「ラッスンゴレライ」が、漢字の「落寸号令雷」を意味する、
と前置きの上で、
ラッスン1.jpg

要約すると...
「ラッスンゴレライ」のネタは、
8.6秒バズーカが、
原爆投下の状況とそれに至る太平洋戦争の状況を表現している。
といったところのようだ。


改めて、落寸号令雷の意味をそれぞれ分解してみると、

●「8.6秒バズーカ」=「8月6日バズーカ」
「8月6日射つ」と意訳するのは流石に無理があるかもしれない...
※バズーカとは、第二次世界大戦中に米国で開発された
 携帯用の地対戦車小型砲のこと。
bazooka.jpg

●「ラッスンゴレライ」=「落寸号令雷」=「原爆投下命令」

○「落寸」=「投下」="Drop"
※ちなみに「落寸」という熟語は日本語にはない造語。

○「号令」=「命令」="Order"
※『進めー!』、『撃てー!』、『(爆弾)投下ー!』、『発射ー!』などと号令する。

○「雷」=「原爆 or 爆弾」="Bomb"

となり、
さらに落寸号令雷の意味を深読みしてみると、
ネタの内容で、
ラッスン2.jpg
「楽しい南国、落寸号令雷(ラッスンゴレライ)♫」のくだりは、
(Twitter者の解釈とは違うが)
太平洋戦争の発端となったハワイへの真珠湾攻撃、
戦略的攻撃対象地、グアム、ハワイを指す、
つまり、こちらの「落寸号令雷」は、日本から米国へ向けた攻撃(落寸号令雷)。
と捉えることもできる。


蛇足だが、
"Fire Flash Rolling Thunder"にしても
「火」、「閃光」、「(地)転がり」、「雷」

「雷のごとき閃光によって、火の海になる」と訳せなくもない...(-_-;)
これ以上、突っ込むとアンダーグラウンドから目をつけられそうなので、
ここまでと。

最新情報が入ったので、追記する(2015年4月15日現在)

ラッスンゴレライのほんとうの意味がわかった。
と、思ったらガセだった...(-_-;)
広島へ原爆を落としたB-29爆撃機"ENOLA GAY"の元の愛称が
"LAST SUN GO RELAY"=「ラスト サン ゴー リレー」だった。
などという質(たち)の悪い合成写真が拡散されてるようだ。

こちらが、合成されてる写真。

last sun go relay.png

こちらが、元の写真。

Ground crew with Enola Gay_0.jpg
ATOMIC HERITAGE FOUNDATIONより引用
機体の前に並んでる兵士たちが全く同じなので、完全な合成とわかる。

それにしても、稲妻のように人気が高まると、
それに対するバッシングも半端ないということもあり、
裏ネットでは、ますます盛り上がってる「8.6秒バズーカ」である。

少々、蛇足だが、こじつければ何でもそう見えてくる話として、
こんなことに気がついた。

「ラッスンゴレライ」がダイブレイクする前、すでに一流アーティストの間では
ブレイクしていたというが、そのアーティストが
セカオワこと「世界の終わり」や、「BIGBANG」だということを知ると、
ますますこの噂が単なる噂じゃなく見えてくるんじゃないですか...



平和な日本だから、ギャグのネタもここまで用意周到なブラックが
まかり通れるようになった時代なのか。

とは言え、ただの都市伝説がまたひとつ始まった。といえばそれまでだが。

ま、とにかく平和と健康が一番だ。

こちら本家「8.6秒バズーカ」


こちら英語でカバーしたカストロさとしさんバージョン
こちらホントによく出来てます。



こちら新作「お弁当」 エグスプロージョンとコラボってます。


こちらはエグスプロージョンがダンスカバーした「ラッスンゴレライ」




落寸号令雷 意味 ブログトップ




おすすめFX業者