So-net無料ブログ作成


スターウォーズ ブログトップ

スターウォーズ・エピソード7がついに制作決定!ルーカスフィルム売却収 益金を全額寄付。 [スターウォーズ]




スポンサードリンク








スターウォーズ・エピソード7がついに制作決定!ジョージ・ルーカスはルーカスフィルム売却収益金を全額寄付。

スターウォーズのシリーズを待ちに待っていたスターウォーズ・ファンにとって
めちゃめちゃ嬉しい朗報が、先日発表された。

スカイウォーカーランチが、ディズニーに売却されてしまうのは
なんだか複雑な思いだが、あのスターウォーズシリーズの新作を
見ることができる喜びのほうが、ファンにとっては、嬉しいことだ。

2012年10月30日、世界に衝撃のニュースが走った。
ディズニーがルーカスフィルムを買収したのだ。

sw_2005.jpg
2005年10月撮影 Photo by ロイター/Jessica Rinaldi氏

さらに驚くのは、売却した約40億ドル(約3,220億円)のほとんどを
ジョージ・ルーカスは、慈善基金に寄付する意向を明らかにしたのだ。

ジョージ・ルーカスは、ディズニーへルーカスフィルムの売却を
考えていた時から、その収益のほとんどをルーカス自身が運営する
慈善基金に寄付するつもりでいたようだ。

sw_2012.jpg
Photo by SPLASH/アフロ

◆ジョージ・ルーカスの声
「これまでの41年間、ぼくは自分の時間と資金をすべて
 自分の会社に使ってきた。しかし、これからの人生、
 新たなエピソードをはじめるため、いま持っている
 自分の時間と財産を慈善活動に使うチャンスがもてたことに
 喜びを感じます」

ジョージ・ルーカスは、自身で立ち上げた教育関係の慈善基金
"George Lucas Educational Foundation"
(ジョージ・ルーカス教育基金)の組織のひとつである
"Edutopia(エデュトピア)"の会長を務めている。
今回のルーカスフィルム売却の収益は、この活動のために、
使われるそうだ。

◆The Hollywood Reporterの声
2010年当時、ジョージ・ルーカスはこのような談話を残している。
「ぼくは、自分の財産のほとんどを教育向上のために、
使いたいと思う。それが、人類にとって生き残るための鍵となれば」


いやぁ、なんだかますますジョージ・ルーカスが好きになるとともに、
ディズニーに引き継がれたスターウォーズ・エピソード7のみならず、
ずっとずっとスターウォーズのシリーズが制作され続け、
我々を末永く楽しませてくれることを願いたい。










------------------------------------------------------------
TBCの脱毛なら、チャン・グンソクおすすめのエピレ!
スターウォーズ ブログトップ




おすすめFX業者