So-net無料ブログ作成


6月6日 金星 時間「6時間の横断ショー 太陽面通過」 [金星]




スポンサードリンク







6月6日 金星 時間「6時間の横断ショー 太陽面通過」


今回を逃すと、次回は105年後という、金星の太陽面通過。

6月6日、7:10から13:47までの約6時間半に渡って、
金星が太陽の前を通過する。

金星が太陽の手前を横切る現象が6日、世界的に起きた。
日本では午前7時10分ごろ始まり、約6時間半後の午後1時47分ごろ終了。

金星が太陽の周りを回る公転軌道は、地球の公転軌道に対し3.4度程度傾いており、
太陽と金星、地球が一直線に並ぶのは珍しい現象。

前回は2004年6月8日に起き、日本では途中で日没となったが、
今回は最後まで観測できる。次は105年後の2117年12月11日で、多くの人にとって最後の観察チャンスとなる。

金星.jpg

この現象は複数の地点で測定すると太陽-地球間の距離を計算できるため、
18、19世紀には欧米諸国が観測隊を各地に派遣した記録がある。
1874年(明治7年)12月9日には米国隊が長崎、
フランス隊が長崎と神戸、メキシコ隊が横浜で観測した。

現代でも金星大気の詳細な成分解明などに役に立つため、
日本の太陽観測衛星「ひので」や米国の同「SDO」のほか、
国立天文台の野辺山太陽電波観測所(長野県南牧村)など世界各地の天文台が集中観測した。


金星(英語:Venus=ヴィーナス)
太陽系の太陽に近い方から 2番目の惑星である。
地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似 た惑星であるため、
「地球の姉妹惑星」と表現される。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問




おすすめFX業者