So-net無料ブログ作成
検索選択


マンガ ブログトップ

大友克洋の衝撃 [マンガ]




スポンサードリンク








「大友克洋の衝撃」とは、いったい何事か?!

現在発売中の芸術新潮4月号(新潮社)の話だ。

「大友克洋の衝撃」と題し、60ページ以上に渡って
大友克洋の特集が組まれているのだ。

001.jpg

久しぶりの興奮を覚えるその内容とは、
大友克洋独占インタビューである。

記事には、仕事場の取材レポートや
描き下ろしのSF短編などが掲載。

ロングインタビューでは
マンガの新連載を準備中であることを明かした。

このマンガ新連載発表こそが、「大友克洋の衝撃」だ。

芸術新潮4月号の記事は、4月9日から開催の
「大友克洋GENGA展」に合わせて、展示する原画の一部を撮り下ろした
「特別誌上GENGA展」から始まる。

13.jpg


あの「AKIRA」をはじめとする
代表的なイラストから、短編「犯す」の原稿が
見開きを混じえて18ページ展開。

ロングインタビューでは、大友克洋による
「大友克洋をつくったものと 大友克洋がつくったもの」
を語る。

ニューシネマやジャズに影響を受けた10代の回顧から、
作品にまつわる裏話、映像制作に挑戦した狙いなど、
大友克洋の半生とも言える骨太の内容だ。

最後に大友克洋は
「某少年誌で、初めての少年向け作品を はじめるべく、現在準備中です」と。
新連載を始めることを明言。

まさに、「大友克洋の衝撃」だ。

「ちゃんとした長期連載自体、
『AKIRA』しかやったことがないので、無謀といえば無謀なんですけど」
と語っているものの、
本格的な連載形式を目指しているようだ。

また特集内のレポート記事
「アトリエ+スタジオ訪問記」にて、
明治時代を舞台にした作品であることも判明。


昨今の日本。

景気の先行きが見えない状況が長引いてるせいか、
マンガだけでなく、映画、ドラマ、CMにいたるまで
幕末、明治、大正、昭和と
日本の歴史回帰的な作品が多くなった。

そういった社会背景をにらみつつ
「AKIRA」以来の連載マンガに再チャレンジするあたり、
流石、大友克洋! マンガ真打ち登場だ。

このところ、
上っ面の刺激系マンガが蔓延している中。

この大友克洋の新連載によって、
若いマンガ家たち、
そして
これからマンガ家を目指す
若者たちが、
マンガの醍醐味の原点を知る
いい機会になるだろう。


そのほかの特集では、
柳下毅一郎、椹木野衣、山本直樹、高寺彰彦らによる論評やエッセイ。

大友克洋の単行本化されていない初期作など、
貴重な図版が多数掲載されている。

これだけの内容は、
「大友克洋作品集・保存版」的な仕上がりだ。
芸術新潮さん、ありがとう!

日本のみならず
世界のマンガ、アニメ、SF界にたずさわる
クリエーターたちへ
大きいな衝撃を与えた大友克洋。

" Katsuhiro Otomo is Back !! "

まさに、「大友克洋の衝撃」である。



------------------------------------------------------------------------------
★☆新たな贈り物の形“漫画全巻まとめ買い”☆★




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
マンガ ブログトップ




おすすめFX業者